検索
  • Nakamura Chikako

足指先の黒ずみ?

写真がないのが残念です。

写真がないので、なんともいいようがありません。

足の親指の先爪のすぐ際です。

その人は両足に黒ずんだところがありました。

(血流が悪いような、、目の下のクマのような)

立ち仕事が多く、腰が痛いのと、背中が痛いのと膝やら足やら

いろんなお疲れがありました。

定期的に来られています。

(当初1週間に1度、疲れがひどい時、疲れがましな時1月に1回)

足(膝下)をぐ筋膜リリースをして膝下の前面に筋膜リリースをすべき固いところがありました。

何回か行っているうちある時右足の固い箇所が緩んだ感触。

その後すぐ、右足の親指の黒い箇所は血色がよくなり黒くなくなっていきました。

左足も可能かと思い同じようにしてみましたが、しばらく良くならなかったです。

が、半年ほどして、左足も緩む感覚がありました。

もしかして、消えるかも、と思っていたら、少しずつ黒いのがなくなっていっています。

黒い部分に痛みがあったわけでもないので、その部分に集中してやってはいません。

ご本人もびっくりでした。

こういうのって身体にいい影響を与えているとは思っています。

右手の中指の指先だけが荒れる方もやっています。

右肩回りが主な痛みがあって肩こりがひどく、調子が落ちると首の痛みや耳鳴りもするとか。

右手先は皮膚科に通ってみたが、あまり良くならずで、皮膚科には行ってないそうです。

肩回りをケアしがてら指先もケアするようにしています。

肩回りは慢性的だが、施術ではすぐ緩和して定期的に来られています。

来られる頻度は2か月、3か月に一度です。

指先の荒れは少しマシになっていると報告はききますが、、

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

新たな挑戦

去年の夏からタッチフォヘルス(TFH)というキネシオロジーを勉強しています。 これはあるお客様からの紹介で知ったものなのだったのです。 そのお客様に私にそれを勉強してほしい!というのが最初のお言葉でした。 その時私は???でした。 カイロプラクティックのテクニックでアプライトキネシオロジー(AK)というもの があるのですが、それは治療家のテクニックでそちらを勉強したいと思っていて、前述のTFHはA

緊急事態宣言の影響

9月は新型コロナウイルスの感染拡大でここ滋賀県にも緊急事態宣言が発令されて いました。 静けさを感じるような感覚がしました。 お客様の中には、飲食店をされている方はお店を休業されているので施術も しばらくお休みします。とおっしゃられたり、 普段こられている方も予約を取らずに帰られたり、、、 自粛なのか、詳しく理由も追及することなく さみしい9月でした。 10月に入り 来たかったんです!と数人の方に

ランニングタイムがアップする

今日いらっしゃった方のご感想です。 ランニング中の膝のあたりの痛みで来られていました。 アクティベータ施術と膝まわりのグラストン筋膜リリースをしました。 れは前回施術を受けられた後のことです。(1か月半前です) ( その後すぐ走ると言っておられたのを覚えています。 すごく調子がよくいつも5分かかるところが5分きれて走れたそうです!! とてもうれしそうにお話くださいました。 すごく私もうれしかったで