腰の動き


腰が痛い人にお辞儀してつらいとか腰を反らして痛いとか

おっしゃる方がいらっしゃいます。


腰の骨(腰椎)腰椎と呼ばれている骨は5つあります。

腰の骨は縦の関節で、お辞儀したり、反らしたりするのが

メインの仕事になります。

回旋するのは上の胸椎と呼ばれるところがメインで動きます。

胸腰椎と呼ばれる下の方の胸椎は回旋とお辞儀(前屈)反らす(後屈)

もできる関節の動きがあります。

腰の動きが悪いところに施術をして腰の動きの改善があり、

お辞儀や反らすで痛くなくなる方がほとんどです。

痛みやつらさがあって腰を反らしたりすることが怖いとか

仕事や家事で前かがみの姿勢はするけれど、腰を反らすことがない

人にできる範囲で一日に何度か腰を反らしたりお辞儀したりしてみてください。

とお伝えすることがあります。

が、たまに間違った腰の反らし方をする方がいらっしゃって、

それもお伝えすることがあります。

間違い!!

腰を反らす時股関節を前にだして腰を反らす。

腰をお辞儀するときに股関節を後ろに引いてお辞儀する。


これをしている人は腰の動きがあまりない人が多いです。

無理に動かさず、

正しい

股関節を出さずに腰を反らす。

股関節を引かずにお辞儀する。


これをやってみてください。

あなたの腰の動きがわかります。


ただし、痛みや症状がひどい人は無理にしないでください!





最新記事

すべて表示

首、肩が凝ってたまらない!って言って来られることがあります。 施術したら、良くなるのに、また 痛くなる! 再度来られたときに、何故ぶり返しがたくさんあるのか、日常生活の中に何かストレスになっていることがないか、改善点を探すことがあります。 日常の身体の使い方が間違っていると、 痛みを長引かせたりすることもあると思っています。 ここ最近に出会ったのは、 何回か施術してお話を伺っていると、 日常に過度

タッチフォーヘルスレベル1.2の公式講座を受けていただいた方の感想です! 1公式講座を受けてみて感じたことやよかったことまた気づいたことはなんですか? TFHは中医学に基づいた指圧、栄養学、チベットエネルギー理論に基づいた筋反射テストは、 構造的、生化学的感情的側面からのストレス反応を見て 潜在能力のバランスを整えることにより自己の治癒エネルギーを活性化し 痛みや緊張に効果的に対処できる。