検索

腰の動き


腰が痛い人にお辞儀してつらいとか腰を反らして痛いとか

おっしゃる方がいらっしゃいます。


腰の骨(腰椎)腰椎と呼ばれている骨は5つあります。

腰の骨は縦の関節で、お辞儀したり、反らしたりするのが

メインの仕事になります。

回旋するのは上の胸椎と呼ばれるところがメインで動きます。

胸腰椎と呼ばれる下の方の胸椎は回旋とお辞儀(前屈)反らす(後屈)

もできる関節の動きがあります。

腰の動きが悪いところに施術をして腰の動きの改善があり、

お辞儀や反らすで痛くなくなる方がほとんどです。

痛みやつらさがあって腰を反らしたりすることが怖いとか

仕事や家事で前かがみの姿勢はするけれど、腰を反らすことがない

人にできる範囲で一日に何度か腰を反らしたりお辞儀したりしてみてください。

とお伝えすることがあります。

が、たまに間違った腰の反らし方をする方がいらっしゃって、

それもお伝えすることがあります。

間違い!!

腰を反らす時股関節を前にだして腰を反らす。

腰をお辞儀するときに股関節を後ろに引いてお辞儀する。


これをしている人は腰の動きがあまりない人が多いです。

無理に動かさず、

正しい

股関節を出さずに腰を反らす。

股関節を引かずにお辞儀する。


これをやってみてください。

あなたの腰の動きがわかります。


ただし、痛みや症状がひどい人は無理にしないでください!





0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

新たな挑戦

去年の夏からタッチフォヘルス(TFH)というキネシオロジーを勉強しています。 これはあるお客様からの紹介で知ったものなのだったのです。 そのお客様に私にそれを勉強してほしい!というのが最初のお言葉でした。 その時私は???でした。 カイロプラクティックのテクニックでアプライトキネシオロジー(AK)というもの があるのですが、それは治療家のテクニックでそちらを勉強したいと思っていて、前述のTFHはA

緊急事態宣言の影響

9月は新型コロナウイルスの感染拡大でここ滋賀県にも緊急事態宣言が発令されて いました。 静けさを感じるような感覚がしました。 お客様の中には、飲食店をされている方はお店を休業されているので施術も しばらくお休みします。とおっしゃられたり、 普段こられている方も予約を取らずに帰られたり、、、 自粛なのか、詳しく理由も追及することなく さみしい9月でした。 10月に入り 来たかったんです!と数人の方に

ランニングタイムがアップする

今日いらっしゃった方のご感想です。 ランニング中の膝のあたりの痛みで来られていました。 アクティベータ施術と膝まわりのグラストン筋膜リリースをしました。 れは前回施術を受けられた後のことです。(1か月半前です) ( その後すぐ走ると言っておられたのを覚えています。 すごく調子がよくいつも5分かかるところが5分きれて走れたそうです!! とてもうれしそうにお話くださいました。 すごく私もうれしかったで