腰の動き


腰が痛い人にお辞儀してつらいとか腰を反らして痛いとか

おっしゃる方がいらっしゃいます。


腰の骨(腰椎)腰椎と呼ばれている骨は5つあります。

腰の骨は縦の関節で、お辞儀したり、反らしたりするのが

メインの仕事になります。

回旋するのは上の胸椎と呼ばれるところがメインで動きます。

胸腰椎と呼ばれる下の方の胸椎は回旋とお辞儀(前屈)反らす(後屈)

もできる関節の動きがあります。

腰の動きが悪いところに施術をして腰の動きの改善があり、

お辞儀や反らすで痛くなくなる方がほとんどです。

痛みやつらさがあって腰を反らしたりすることが怖いとか

仕事や家事で前かがみの姿勢はするけれど、腰を反らすことがない

人にできる範囲で一日に何度か腰を反らしたりお辞儀したりしてみてください。

とお伝えすることがあります。

が、たまに間違った腰の反らし方をする方がいらっしゃって、

それもお伝えすることがあります。

間違い!!

腰を反らす時股関節を前にだして腰を反らす。

腰をお辞儀するときに股関節を後ろに引いてお辞儀する。


これをしている人は腰の動きがあまりない人が多いです。

無理に動かさず、

正しい

股関節を出さずに腰を反らす。

股関節を引かずにお辞儀する。


これをやってみてください。

あなたの腰の動きがわかります。


ただし、痛みや症状がひどい人は無理にしないでください!





最新記事

すべて表示

1.セッションを受けてみて感じたことや氣づいたことはなんですか? 自分の不調の元になっていることをセッション等 身体・心の両面からみてもらうことで、自分自身についても振り返ることができた。 2.今後どんなことを実践していきますか? 忙しい日でも、1日一回は立ち止まって心を整えることに意識を向けていきたい。 3.キネシオロジーに興味のある方に一言メッセージをお願いします。 セッションを受けずっと身体

今日はグラストンテクニック・ファシアスリックオンライン臨床研究会に参加しました。 グラストンテクニックはファシアスリックに移行し、しばらく訳が分からず だったのですが、そんなことはさておき 施術をする上で筋膜リリースはすごい可能性を感じているので、私にはどうしても 必要だと感じています。 まだ未知な筋膜なのですが、私もなんとか理解しようと悪戦苦闘してきたので まだまだうまく使えていないかもしれない

タッチフォーヘルスにはたくさんの要素が詰め込まれていて 全てがバランス良くなる様に 整った形でいるお手伝いをしてくれる物なんだと思いました N.Mさん 女性 レベル1を受けていただきありがとうございます。 レベル1ではタッチフォーヘルスの理論と 背景、使い方の基礎になります! まずは使いましょう!使ってみましょう ですね。 レベル2になると、より、レベル1の理解が高まると思います。まずは最初の一歩