検索
  • Nakamura Chikako

新たな挑戦

去年の夏からタッチフォヘルス(TFH)というキネシオロジーを勉強しています。

これはあるお客様からの紹介で知ったものなのだったのです。

そのお客様に私にそれを勉強してほしい!というのが最初のお言葉でした。

その時私は???でした。

カイロプラクティックのテクニックでアプライトキネシオロジー(AK)というもの

があるのですが、それは治療家のテクニックでそちらを勉強したいと思っていて、前述のTFHはAKを元に作られたあらゆる人が学べるできるテクニックなのです、それは自分がすることではないと思っていたからなのです。


しかし、このコロナで私の考えが変わってしまいました。

コロナで緊急事態宣言がでたり、感染者の増加あると私のような対面接触するところに

行くことを差し控える方がいることや、おうち時間が増えて腰痛体操や肩こり体操の動画を見て研究する人(うまくいかなかった話もきくこともあり)

仕事の状態が変わって金銭的時間的に無理がありこういうところに来れない人。

様々なことを感じる中、

私ができることはあらゆる人が学べるテクニックを身につけて教えられる可能性でした。

そのあらゆる人が学べるテクニックとは自己メンテナンスができるテクニックなので

自分で整えられるってことです。

これは今の世に最強!だと感じたのです。

これでみんなが笑顔になれれば言うことないです!


去年は自分自身と身内に使い、使えるかを試しながら、

今年2クール目、再度頭にインプットしてます!


今からしばらく希望された方に無料お試し体験をしていただけます!

まだまだ不慣れはありますが、ご了承ください。










0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

緊急事態宣言の影響

9月は新型コロナウイルスの感染拡大でここ滋賀県にも緊急事態宣言が発令されて いました。 静けさを感じるような感覚がしました。 お客様の中には、飲食店をされている方はお店を休業されているので施術も しばらくお休みします。とおっしゃられたり、 普段こられている方も予約を取らずに帰られたり、、、 自粛なのか、詳しく理由も追及することなく さみしい9月でした。 10月に入り 来たかったんです!と数人の方に

ランニングタイムがアップする

今日いらっしゃった方のご感想です。 ランニング中の膝のあたりの痛みで来られていました。 アクティベータ施術と膝まわりのグラストン筋膜リリースをしました。 れは前回施術を受けられた後のことです。(1か月半前です) ( その後すぐ走ると言っておられたのを覚えています。 すごく調子がよくいつも5分かかるところが5分きれて走れたそうです!! とてもうれしそうにお話くださいました。 すごく私もうれしかったで

何故か痛みがましになる

先日、小学生クラシックバレーをされているお子様がいらっしゃいました。 体育の授業で走り幅跳びをして地面の穴に着地したことがきっかけで足が痛くなられた ようです。 アクティベータの施術をすると何故か足の痛みがましになられています。 小学生なのでアクティベータのベーシックと言われるところのみ チェックして神経関節機能的問題のある個所だけを施術します。 数か所アジャストしました。 痛かったところは足なの