介護士さんの疲れ

介護士さんは独特の動きが多いです。

おむつ交換、お風呂介助、力のいる仕事ばかりです。

コルセットを着用している人も多いとか、、、、

介護される側の方が重症の方ほど力が入らない方が多いので、

共同的に動いてもらえない場合、介護士さんの支えがより頼りに

なってしまいます。まして、ふいにふら~っと倒れそうになって

しまったりすると大変です!転倒されると重大なケガ、骨折などに

つながることにもなりかねません!なので、いつも構えている感じで

コルセットが少しでも介護する側の方の負担を軽減すると考えられて

いるのでしょう。

今回の介護士さんは不意に立ち上がっていて倒れそうになったかたをキャッチ

して、その後持ち上げられない状態でしばらく支えたのだっそうで、

あちこち筋肉痛、あちこち痛いとおっしゃっていました。

普段の介護士さんの仕事でも重労働なのに、大変ご苦労様でした。

施術はアクティベータメインでしたが、多少筋肉痛はあるものの、

動作した時痛いところはなくなっていました。


介護士さんは重労働で大変なので、なかなか働き手が定着しないのだそうで

、、、。

これから老後に向けてなるだけ介護されない身体をめざして

いかなければならないと思います。

そういう意味では体のコンディショニングを整える、

筋肉をなるべく衰えさせない。

後、脳のトレーニングも必要(認知症予防)

最低限でもそうしていきたいです。

身体のコンディショニングにはカイロプラクティックや筋膜リリースなど、

有効手段。ぜひ皆さんに使っていっていただきたいです。

最新記事

すべて表示

首、肩が凝ってたまらない!って言って来られることがあります。 施術したら、良くなるのに、また 痛くなる! 再度来られたときに、何故ぶり返しがたくさんあるのか、日常生活の中に何かストレスになっていることがないか、改善点を探すことがあります。 日常の身体の使い方が間違っていると、 痛みを長引かせたりすることもあると思っています。 ここ最近に出会ったのは、 何回か施術してお話を伺っていると、 日常に過度

タッチフォーヘルスレベル1.2の公式講座を受けていただいた方の感想です! 1公式講座を受けてみて感じたことやよかったことまた気づいたことはなんですか? TFHは中医学に基づいた指圧、栄養学、チベットエネルギー理論に基づいた筋反射テストは、 構造的、生化学的感情的側面からのストレス反応を見て 潜在能力のバランスを整えることにより自己の治癒エネルギーを活性化し 痛みや緊張に効果的に対処できる。