検索
  • Nakamura Chikako

介護士さんの疲れ

介護士さんは独特の動きが多いです。

おむつ交換、お風呂介助、力のいる仕事ばかりです。

コルセットを着用している人も多いとか、、、、

介護される側の方が重症の方ほど力が入らない方が多いので、

共同的に動いてもらえない場合、介護士さんの支えがより頼りに

なってしまいます。まして、ふいにふら~っと倒れそうになって

しまったりすると大変です!転倒されると重大なケガ、骨折などに

つながることにもなりかねません!なので、いつも構えている感じで

コルセットが少しでも介護する側の方の負担を軽減すると考えられて

いるのでしょう。

今回の介護士さんは不意に立ち上がっていて倒れそうになったかたをキャッチ

して、その後持ち上げられない状態でしばらく支えたのだっそうで、

あちこち筋肉痛、あちこち痛いとおっしゃっていました。

普段の介護士さんの仕事でも重労働なのに、大変ご苦労様でした。

施術はアクティベータメインでしたが、多少筋肉痛はあるものの、

動作した時痛いところはなくなっていました。


介護士さんは重労働で大変なので、なかなか働き手が定着しないのだそうで

、、、。

これから老後に向けてなるだけ介護されない身体をめざして

いかなければならないと思います。

そういう意味では体のコンディショニングを整える、

筋肉をなるべく衰えさせない。

後、脳のトレーニングも必要(認知症予防)

最低限でもそうしていきたいです。

身体のコンディショニングにはカイロプラクティックや筋膜リリースなど、

有効手段。ぜひ皆さんに使っていっていただきたいです。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

元気のスイッチ1

私目線ですが、、、 なんだか元気がない時どうするか? 健康とはただ疾病や傷害がないだけでなく、肉体的、精神的、ならびに社会的に 完全に快適な状態であること。 (WHO憲章より) と書かれていますが、 その通り、病気でもケガもしていなくて、心も身体も社会的にも快適な状態 私は来られたお客様のお話を聞いてこの方の一番必要なものを考えます。 身体のコンディションを整える仕事なので、痛いとか、

グラストンテクニック(筋膜リリース)の可能性

筋膜リリースはまだ知られていないのかもしれません。 スポーツ選手は毎日通常の生活をしている人よりトレーニングを積んだり孵化が あります。故障してしまうこともたくさんあります。 故障して練習を休んで、回復を待ってもなかなか良くならない場合もあります。 そういう方がたびたびいらっしゃいますが、筋膜リリースすると、違和感なく 回復されることがあります! 昨日も何か他施術のより回復が早かったとお褒めの言葉

あの日から10年

10年前3月10日東北の震災からはや10年が経ちました。 テレビでいっぱい報道番組があり、 いまでも復興から頑張っていらっしゃるいろんな方々を拝見しました。 忘れてはならない教訓となり、そして、ともに協力、頑張っていきたいと 防災の見直しをしました。 いまや、便利な防災グッズがたくさんありますね。 備えあれば憂いなし、 あれから毎年我が家の防災セットを見直しておいています。 使うことがないことを祈