検索
  • Nakamura Chikako

マラソン選手のメンテナンス

3月に今年のマラソン大会の集大成を迎えた選手のサポートをさせて

いただきました。

何とか無事完走はもちろん自己ベストをだしてくれました!

大きな感動で、涙がこみ上げました。

今はやっとほっとしています。


私は以前大学が体育だったり部活をやっていたりして自分は体育会系だと思っていた

ころもあったのですが、

趣味でスキーや自転車に乗ることはあっても、アスリート並みの運動からは遠のいて

のんびり楽しむことしかしていない日々だったので、

アスリートの際際まで自分を追い込んでいるような感じが

懐かしいけど怖い?ような、、、

本当いうと苦手だと思っていました。

もちろんいつもどんな方にも真剣に目いっぱいやっているのですが、

自分がどこまでお役にたてるか

いつもいつももちろんどの方に対しても思うところであるからです。

どんなに一生懸命がんばっても、大会などで結果が思わしくなかったりすることも

なきにしもあらずですから。

昔読んだカイロプラクティックの話が載っているなにかの中に、

オリンピックの選手を施術したが、試合で選手が力をだせなくて、

もう選手はみたくないみたいなことを書いているところがあったのを

みたことがあったからでもある。

日常生活をおおきく飛び越えたパフォーマンスをだすのですから

マラソン選手は30キロ超えてからが次元の違う世界らしいし、

それまで調子よく走っていても急に失速したりすることもあるらしいです。

その次元の違う世界までのパフォーマンスに手が届くのか?

もうそれは選手の力がすごいのであって、、、自分のサポートなどほんの

少しのことなのです。

それでも、何かお役にたてるか、、、考えながら、です。

まだまだ力不足!を感じながら、自分のできることをやるしかない、、、ですが。















3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

元気のスイッチ1

私目線ですが、、、 なんだか元気がない時どうするか? 健康とはただ疾病や傷害がないだけでなく、肉体的、精神的、ならびに社会的に 完全に快適な状態であること。 (WHO憲章より) と書かれていますが、 その通り、病気でもケガもしていなくて、心も身体も社会的にも快適な状態 私は来られたお客様のお話を聞いてこの方の一番必要なものを考えます。 身体のコンディションを整える仕事なので、痛いとか、

グラストンテクニック(筋膜リリース)の可能性

筋膜リリースはまだ知られていないのかもしれません。 スポーツ選手は毎日通常の生活をしている人よりトレーニングを積んだり孵化が あります。故障してしまうこともたくさんあります。 故障して練習を休んで、回復を待ってもなかなか良くならない場合もあります。 そういう方がたびたびいらっしゃいますが、筋膜リリースすると、違和感なく 回復されることがあります! 昨日も何か他施術のより回復が早かったとお褒めの言葉

あの日から10年

10年前3月10日東北の震災からはや10年が経ちました。 テレビでいっぱい報道番組があり、 いまでも復興から頑張っていらっしゃるいろんな方々を拝見しました。 忘れてはならない教訓となり、そして、ともに協力、頑張っていきたいと 防災の見直しをしました。 いまや、便利な防災グッズがたくさんありますね。 備えあれば憂いなし、 あれから毎年我が家の防災セットを見直しておいています。 使うことがないことを祈