top of page

ドケルバン症候群

手の母指の腱鞘炎です。親指を手の中に握りこんで小指側にまげると痛みます。

その患者さんをみた時のお話です。


病院で、ドケルバン症候群だと診断されていらっしゃいました。

最初の主訴は腰痛でいらっしゃり、腰痛がよくなってから

ドケルバン症候群だと言われているとおっしゃいました。

「そんなものは治りませんよね?」と言われたのです。

その時私はドケルバンの人をみたことはなく、、、

それはグラストンを初めて間もないころでした。

グラストンテクニックでドケルバンがよくなるらしいことは聞いて

いました。

「やってみますか?」から始まったのですが、

これが良くなったんです

それからはドケルバンの診断はないけど、母指の腱鞘炎の方は何人も

みてきました。

長くかかる人、早く痛みがなくなる人、個人差はありますが、

1回でもまあまあ軽くはなります。

でも、急性の炎症が起きている時はグラストンは患部はできません。

病院で注射などをうったあとも1週間はあけます。

その方は病院注射は楽にならなかったようでした。

こんな手法もあると知っていただきたいです。


最新記事

すべて表示

12月に固っていた研修が無事終了しました。 アクティベーター・メソッドの研修、 そして筋膜リリースのでした。 アクティベーターは更新を兼ねて。 いつも、まだまだだなぁと思うところを 突き詰めます。 今回は2日に渡って自身の施術を体感する ことができました。 身体が整うのをすごく体感して、 そして、少しなるところのケアもする と言う体感をするところが実習に盛り込まれていました。今まではそんなことなく

あっと言うまでした。 個人で11億は多く思えたけど、 みんなで使えばあっと言う間でした。 使えた方は喜んでいだけました。

bottom of page