アキレス腱炎(腱症)


剣道をやっている方でアキレス腱炎の方を施術していました。

(ほかにもランナーの方、走り幅跳びの方などいらっしゃいます)

今回は剣道の方の話です。

剣道では瞬時に踏み込む動作が多発する競技ですのでアキレス腱を

痛めている方も多いようです。

剣道をして踏み込みをかける時にふくらはぎを思いっきり張らせてから

踏み込みをかけるんだとおっしゃってました。

長年剣道をされていて練習した後はほぼふくらはぎの張りや、痛み、だるさ

などがあったそうです。



アキレス腱はふくらはぎの筋肉から始まって腱となってかかとについています。

つま先立ちをすると筋肉がもりあがってふくらはぎが緊張します。ふくらはぎからかかと

のほうにかけて腱になっているところです。身体の中でもっとも太い腱です。

ふくらはぎを張らせてから踏み込みをかけることを日常的に行うのですから

ふくらはぎをよく使っているのですね。練習後の痛みやだるさにも表れています。


長年の痛みなので、慢性的で、なかなか時間がかかりました。

ふくらはぎ、足首を中心に筋膜リリースを行う。といった手法ですが、

かなり痛いのから軽い痛みになるまで、3か月くらいかかっていました。

(週一回のペースで施術)

半年後には痛みは感じられなくなっていました。

ふくらはぎにかなりの線維化がみられました。


アキレス腱のストレッチは日々されていたようなのですが、

それだけでは炎症の発生を防げないのかもしれません。

(あくまで個人の感想です)

ストレッチやアイシング、強いては練習を休むがいいとされていたり

しますが、この方は練習ストップなしに痛みが取れています。


アキレス腱やふくらはぎの緊張や痛み、ほおっておくとアキレス腱断裂する恐れが

あるとも言われていますが、

アキレス腱断裂する前に何の前触れもない方もいらっしゃるようで、

個人差はあるようですが、


足をよく使うスポーツなどされている方は一度筋膜リリースで線維化を

取り除いてみてはいかがでしょうか?










最新記事

すべて表示

首、肩が凝ってたまらない!って言って来られることがあります。 施術したら、良くなるのに、また 痛くなる! 再度来られたときに、何故ぶり返しがたくさんあるのか、日常生活の中に何かストレスになっていることがないか、改善点を探すことがあります。 日常の身体の使い方が間違っていると、 痛みを長引かせたりすることもあると思っています。 ここ最近に出会ったのは、 何回か施術してお話を伺っていると、 日常に過度

タッチフォーヘルスレベル1.2の公式講座を受けていただいた方の感想です! 1公式講座を受けてみて感じたことやよかったことまた気づいたことはなんですか? TFHは中医学に基づいた指圧、栄養学、チベットエネルギー理論に基づいた筋反射テストは、 構造的、生化学的感情的側面からのストレス反応を見て 潜在能力のバランスを整えることにより自己の治癒エネルギーを活性化し 痛みや緊張に効果的に対処できる。